宝蔵寺山門 ホウゾウジサンモン 1棟

前のページへ戻る

有形文化財

指定区分・種別村-指定-有形文化財
内容寺院建築
指定年月日平成 08/11/15
時代区分江戸時代
年代江戸初期
作者
所在地下伊那郡売木村1389
寸法・材質・形状幅5.15m、奥4.5m、高さ4.7m、面積24.2平方メートル、一間一戸四脚門、瓦葺 扉-栗材
概要解説彫刻の特長などから17世紀の作と思われる売木村最古の木造建造物。祭事を司る新野の伊東家の絵図(寛政3年)に記された山門と酷似していることから、明治10年(1877)頃に移築されたと言われている。棟札に明治16年(1883)建立とあり、数年をかけて移築されたと思われる。
交通案内JR飯田線温田駅売木行バスで1時間売木辻下車、中央自動車道飯田ICから1時間

※ご注意ください:すべての文化財は見学が可能とは限りません。見学の際は、事前に関連する教育委員会へお問い合わせください。

写真をクリックすると拡大画像がご覧いただけます

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る