新屋の十王石像 アラヤノジュウオウセキゾウ 

前のページへ戻る

有形文化財

指定区分・種別市-指定-有形文化財
内容石造文化財
指定年月日平成 07/05/26
時代区分江戸時代
年代1722年(享保7)
作者
所在地東御市新屋
寸法・材質・形状丸彫、座像
概要解説十王とは、亡くなった人の罪が重いか軽いかを決める10人の裁判官のことで、えんま大王を含む。十王信仰とは中国から伝えられた道教によるもので、十王の像を生前につくって拝むと、あの世で罪が軽くなり、幸福にすごせるという信仰で、江戸時代に流行した。
交通案内しなの鉄道田中駅から車で5分・徒歩15分

※ご注意ください:すべての文化財は見学が可能とは限りません。見学の際は、事前に関連する教育委員会へお問い合わせください。

写真をクリックすると拡大画像がご覧いただけます

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る