鳴石 ナルイシ 

前のページへ戻る

史跡

指定区分・種別町-指定-史跡
内容その他祭祀信仰に関する遺跡
指定年月日昭和 42/06/17
時代区分古墳時代
年代古墳時代
作者
所在地北佐久郡立科町芦田八ケ野字鳴石39-1
寸法・材質・形状
概要解説6-7世紀頃の祭祀遺跡。長さ3メートルほどの二つの石が鏡餅のように重なり合っている磐座(いわくら)。小石で叩くと、余韻のある音がするので「鳴石」と呼ばれている。古代よりこの地を往来する旅人は、ここで神なる山・蓼科山を拝して幣を捧げ、旅の安全を祈ったものと想像される。
交通案内しなの鉄道大屋駅からバス(乗継あり)で1時間蓼科第二牧場下車徒歩1分

※ご注意ください:すべての文化財は見学が可能とは限りません。見学の際は、事前に関連する教育委員会へお問い合わせください。

写真をクリックすると拡大画像がご覧いただけます

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る