新野の式三番叟 シンノノシキサンバソウ 

前のページへ戻る

無形民俗文化財

指定区分・種別市-指定-無形民俗文化財
内容芸能(無形民俗)
指定年月日平成 05/04/30
時代区分江戸時代
年代江戸時代
作者
所在地中野市新野
寸法・材質・形状
概要解説千歳、翁、三番叟の3人の舞を合わせたものが式三番であり、中世から中央で行われてきた能楽系統を引き継いでいる。
交通案内長野電鉄信州中野駅から車で15分、長野電鉄延徳駅から徒歩20分

※ご注意ください:すべての文化財は見学が可能とは限りません。見学の際は、事前に関連する教育委員会へお問い合わせください。

写真をクリックすると拡大画像がご覧いただけます

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る