奥谷家普請関係文書 オクヤケフシンカンケイモンジョ 7件

前のページへ戻る

有形文化財

指定区分・種別町-指定-有形文化財
内容書跡・典籍・古文書
指定年月日昭和 60/03/01
時代区分江戸時代
年代1679年(延宝7)
作者 
所在地木曽郡南木曽町吾妻2190(脇本陣奥谷・歴史資料館)
寸法・材質・形状 
概要解説現在の林家住宅は、明治10年に棟上げしたもので、国の重要文化財に指定されている。江戸時代は当初から問屋として、また江戸中期以降脇本陣や庄屋を勤めた家で、史料でみる限り延宝7年に普請された後、明治の棟上げまで新築された形跡は見られない。林家にはいくつかの普請に関わる文書があるが、これらは脇本陣の建物を知るうえで貴重な資料である。特に延宝7年の家普請入用覚帳は、家普請の中では全国でも最も古い部類に属する。明治10年の建前関係の古文書も、その経緯が分かる貴重な資料である。
交通案内JR中央西線南木曽駅から車で10分

※ご注意ください:すべての文化財は見学が可能とは限りません。見学の際は、事前に関連する教育委員会へお問い合わせください。

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る