木造阿弥陀三尊像 モクゾウアミダサンゾンゾウ 3躯

前のページへ戻る

県宝

指定区分・種別県-指定-県宝
内容彫刻
指定年月日昭和 51/03/29
時代区分鎌倉時代
年代鎌倉初期
作者
所在地東御市大日向屋敷258
寸法・材質・形状阿弥陀如来坐像-像高89.5cm 観音菩薩跪坐像-像高60cm 勢至菩薩箕坐像-像高61.1cm 3躯共-桧材、寄木造、漆箔
概要解説阿弥陀如来坐像を中尊とし、脇侍として観音、勢至の両菩薩像を配する。全体に力強い鎌倉風を示している。
交通案内しなの鉄道田中駅から車で10分

※ご注意ください:すべての文化財は見学が可能とは限りません。見学の際は、事前に関連する教育委員会へお問い合わせください。

写真をクリックすると拡大画像がご覧いただけます

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る