志なの入遺跡 シナノイリイセキ 

前のページへ戻る

史跡

指定区分・種別村-指定-史跡
内容集落跡
指定年月日昭和 47/10/14
時代区分縄文時代
年代縄文早期
作者 
所在地南佐久郡南牧村海ノ口志なの入
寸法・材質・形状 
概要解説昭和46年(1971)に林道造成工事中に発見された凝灰角礫岩の中にできたトンネル状の洞穴遺跡である。長期間定住した遺跡ではなく、短期間かつ間歇的に洞穴が利用されていたことが推察される。縄文時代早期末葉から前期末葉の遺跡で、土器(条痕文・諸磯式等)や石器(石鏃・石匙等)、獣骨(ニホンジカ・ホンドテン等)、さらに人骨が出土した。人骨は2体分あり、1体は身長144センチメートルほどの中年女性で頭蓋骨・肩甲骨以外の部位が確認された。もう1体は遺存していた骨が少ないため詳細は不明である。現在、遺跡は林道工事により失われており、記念碑を残すにとどめる。
交通案内JR小海線佐久海ノ口駅から徒歩30分

※ご注意ください:すべての文化財は見学が可能とは限りません。見学の際は、事前に関連する教育委員会へお問い合わせください。

写真をクリックすると拡大画像がご覧いただけます

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る