海ノ口城跡 ウミノクチジョウアト 

前のページへ戻る

史跡

指定区分・種別村-指定-史跡
内容城跡
指定年月日昭和 47/10/14
時代区分時代区分不明
年代
作者
所在地南佐久郡南牧村海ノ口大芝
寸法・材質・形状
概要解説標高1,254メートルの山頂にある山城である。西方より2条の堀切、二の曲輪、三の曲輪、一の曲輪、大堀切、堀切と並ぶ。本丸は約70坪ほどで巨大な岩(屏風岩)がある。海ノ口城跡は武田信玄(晴信)初陣の地として伝わっている。この戦の際、平賀源心以下3,000人の兵が海ノ口城を守ったとされるが、実際に城の規模から考えると史実か疑わしい。現在は海尻城の支城(砦)との見方が強い。現在までに本格的な発掘調査はされていない。
交通案内JR小海線佐久海ノ口駅から徒歩2時間

※ご注意ください:すべての文化財は見学が可能とは限りません。見学の際は、事前に関連する教育委員会へお問い合わせください。

写真をクリックすると拡大画像がご覧いただけます

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る