郷土敷石遺構 ゴウドシキイシイコウ 

前のページへ戻る

史跡

指定区分・種別市-指定-史跡
内容集落跡
指定年月日昭和 45/03/31
時代区分縄文時代
年代縄文中期
作者
所在地小諸市東雲4-9
寸法・材質・形状
概要解説この地は標高850メートル、前面に広々と佐久平が展開する南斜面にある。縄文時代中期末-後期初頭の柄鏡形敷石住居址。敷石の中央に炉があり、これを中心に自然形の鉄平石を敷きつめている。
交通案内しなの鉄道小諸駅から車で10分

※ご注意ください:すべての文化財は見学が可能とは限りません。見学の際は、事前に関連する教育委員会へお問い合わせください。

写真をクリックすると拡大画像がご覧いただけます

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る