峠の観音 トウゲノカンノン 35躯

前のページへ戻る

有形民俗文化財

指定区分・種別町-指定-有形民俗文化財
内容信仰(有形民俗)
指定年月日昭和 52/02/07
時代区分江戸時代
年代1819年(文政2)
作者 
所在地下高井郡山ノ内町十二沢から丸池
寸法・材質・形状高さ70-130cm
概要解説峠の観音というのは俗称で、西国33観音が祀られている。後の寄進で現在は35体である。
交通案内長野電鉄湯田中駅から車で30分徒歩約3時間

※ご注意ください:すべての文化財は見学が可能とは限りません。見学の際は、事前に関連する教育委員会へお問い合わせください。

写真をクリックすると拡大画像がご覧いただけます

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る