真田邸 サナダテイ

前のページへ戻る

歴史博物館 1969開館

江戸幕府改革のおり、参勤交代制度が緩和され江戸住まいを命じられていた九代藩主の母・貞松院が松代に帰ることになり、その住居として1864年(元治元)に建てられた。江戸時代末期における邸跡としての存在意義が大きいことから、1981年(昭和56)4月に松代城と一体のものとして国の史跡に指定された。

八十二文化財団の提携文化施設
割引内容: 団体割引料金
※八十二文化財団友の会会員の方は上記の割引が受けられます。
[八十二文化財団「友の会」入会のご案内]

長野市松代町松代1番地地図
TEL.026-215-6702
http://www.sanadahoumotsukan.com

開館時間9:00~17:00(入館は16:30まで)
入館料共通券[真田宝物館、真田邸、文武学校]:一般(高校生以上)500円、小・中学生200円、共通券[真田邸、文武学校]真田宝物館が休館している時に限る:一般300円、小・中学生150円、単館券:一般200円、小・中学生80円、20名以上団体割引あり
休館日無休
主な収蔵品
附属施設
収容人員
交通案内JR長野駅から松代行きバス30分「松代駅」下車徒歩5分、上信越自動車道長野ICから車で10分
駐車場有(真田宝物館と共用、無料)

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る