小諸高濱虚子記念館 コモロタカハマキョシキネンカン

前のページへ戻る

文学館 2000開館

俳人・高濱虚子の偉業を顕彰し、虚子文学の研究に資するため、小諸に疎開していた時代の作品や資料を展示する。中でも、虚子筆の「六曲一双の句屏風」は圧巻。また、隣接する「虚子庵」は現在公開されている唯一の虚子旧居であり、そこから延びる虚子散歩道と合わせて、往時の虚子を偲ぶに最適なエリアである。句会(20名)もできる。『小諸百句』(復刻版)、『續小諸百句』(新刊)(深見けん二 編・解説)頒布中。

八十二文化財団の提携文化施設
割引内容: 団体割引料金
※八十二文化財団友の会会員の方は上記の割引が受けられます。
[八十二文化財団「友の会」入会のご案内]

小諸市与良町2-3-24地図
TEL.0267-26-3010

開館時間9:00~17:00(入館は16:30まで)
入館料一般(高校生以上)300円、小・中学生200円、30人以上団体割引あり(一般200円、小・中学生150円)
休館日水曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始(12月29日~1月3日)
主な収蔵品虚子筆句屏風一双、画帖(表裏計24句直筆)、掛け軸、短冊等
附属施設小諸時代の虚子旧居「虚子庵」、会議室
収容人員「虚子庵」20人、会議室20席
交通案内JR・しなの鉄道小諸駅から徒歩20分、上信越自動車道小諸ICから車で10分
駐車場第1駐車場:普通12台または大型2台、第2駐車場:普通12台 (無料)

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る