旧小笠原家書院・小笠原資料館 キュウオガサワラケショイン オガサワラシリョウカン

前のページへ戻る

歴史博物館 1970開館

書院は3分の1が崖上に突き出ている懸造りが特徴。東南西の三方に一間巾の入側縁を廻らせ、南一の間と二の間境にある大菱欄間を設けた建築様式は桃山時代の典型的形式。江戸初期の武家書院は二条城の二の丸御殿と旧小笠原書院だけ。1952年(昭和27)3月、国の重要文化財に指定される。書院に隣接して1999年(平成11)10月に小笠原家にゆかりのある建築家妹島和代氏が西沢立衛氏と設立したSANAA(サナ)の設計した小笠原資料館が開館。小笠原家ゆかりの武具・日用品・小笠原流の秘伝書などが展示されている。

八十二文化財団の提携文化施設
割引内容: 団体割引料金
※八十二文化財団友の会会員の方は上記の割引が受けられます。
[八十二文化財団「友の会」入会のご案内]

飯田市伊豆木3942-1地図
TEL.0265-27-4178

開館時間9:00~17:00、9:00~16:00(12~2月)
入館料一般(高校生以上)300円、小・中学生150円、20人以上団体割引あり
休館日月曜日、祝日の翌日、年末年始
主な収蔵品寛永初年(1624年)ごろ小笠原長巨によって建てられた懸造りの書院、室町時代作 菊紋入り白輿(乗り物)、江戸時代の文書、江戸時代の陣羽織・陣笠・目安筐・薙刀、伊豆木人形の頭(文楽人形)など
附属施設
収容人員
交通案内JR天竜峡駅から車で10分、中央自動車道飯田ICから車で20分、三遠南信自動車道天龍峡ICから車で10分
駐車場有(無料)

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る