国指定重要文化財 曽根原家住宅 ソネハラケジュウタク

前のページへ戻る

歴史博物館 1979開館

中信地区に特有の民家形式である「本棟造り」の一番古い遺構で、1973年(昭和48)6月に国重要文化財指定。江戸時代松本藩松川組新屋村の庄屋を代々務めた農家で、建築年代は1650年頃と推定される。民家としては長野県で最も古い。

八十二文化財団の提携文化施設
割引内容: 団体割引料金
※八十二文化財団友の会会員の方は上記の割引が受けられます。
[八十二文化財団「友の会」入会のご案内]

安曇野市穂高有明1632地図
TEL.0263-83-2359

開館時間9:00~17:00、9:00~16:00(10~12月)
入館料一般(高校生以上)300円、小・中学生150円、20人以上団体割引あり(20%割引)
休館日月曜日(祝日の場合は翌日)、冬期(12~3月)
主な収蔵品江戸時代松本藩新屋村の庄屋を務めた民家
附属施設
収容人員
交通案内JR有明駅から徒歩30分、長野道自動車道豊科ICから車で15分
駐車場普通8台または大型2台(無料)

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る