諏訪湖時の科学館 儀象堂 スワコトキノカガクカンギショウドウ

前のページへ戻る

自然科学系博物館 1997開館

日本近代時計発祥の地、諏訪にある当館は、時計組立体験や世界で初めて完全復元した『幻の天文時計・水運儀象台』などの展示物やシアター上映を通して、時や時計の歴史、技術を知ることのできる博物館である。時計組立体験は、ウオッチとクロックがあり、ビギナーコースから機械式時計専門コースまでの幅広い組立体験ができる。また黒曜石の展示施設「埋蔵文化財センター」も同時見学可能。ちょっとひといき、旅の疲れを癒す足湯は気軽に利用できる。

八十二文化財団の提携文化施設
割引内容: 団体割引料金
※八十二文化財団友の会会員の方は上記の割引が受けられます。
[八十二文化財団「友の会」入会のご案内]

諏訪郡下諏訪町3289地図
TEL.0266-27-0001
http://www.gishodo.jp/

開館時間9:00~17:00、9:30~16:30(12~2月)
入館料一般(高校生以上)800円、小・中学生400円、20人以上団体割引あり(一般700円、小・中学生350円)
休館日木曜日(12~2月)
主な収蔵品水力で動く大型天文観測時計塔「水運儀象台」、時計の変遷としくみを模型などで紹介、200インチハイビジョンシアター、和時計、ホールクロック、置時計、柱時計、腕時計など
附属施設
収容人員
交通案内JR下諏訪駅から徒歩10分、長野自動車道岡谷ICから車で15分
駐車場15台(無料)

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る