小海町高原美術館 コウミマチコウゲンビジュツカン

前のページへ戻る

美術館 1997開館

雄姿を誇る八ヶ岳の麓、松原湖高原に建つ、国際的建築家安藤忠雄氏設計の美術館。コンクリート打ち放しの洗練された空間は周囲の大自然と調和し、芸術に親しむための環境を与えてくれている。小海町在住で国画会会員の画家栗林今朝男氏の作品、人間国宝で陶芸家の島岡達三氏の作品、戦前のSPレコード等を所蔵し、郷土の作家、現代美術、デザイン、建築等を扱った、特徴のある企画展と、関連行事を開催している。

八十二文化財団の提携文化施設
割引内容: 団体割引料金
※八十二文化財団友の会会員の方は上記の割引が受けられます。
[八十二文化財団「友の会」入会のご案内]

南佐久郡小海町豊里池の沢5918-2地図
TEL.0267-93-2133
http://www.koumi-town.jp/museum/

開館時間9:00~17:00(入館は16:30まで)
入館料一般(高校生以上)500円、小・中学生150円、20人以上団体割引あり(一般400円、小・中学生100円)
休館日火曜日(祝日の場合は翌日)、祝日の翌日、冬期(12月末~3月末)、展示替え期間
主な収蔵品絵画/栗林今朝男ほか、陶芸/島岡達三「塩釉縄文象嵌大皿」、ハイビジョンソフト/ピカソ・その版画の世界、東山魁夷の世界、ハイビジョン写真家シリーズ、オルセー美術館、企画展示に関するオリジナルソフト、小海町の小さな画家たち(毎年制作)、その他/クラシックSPレコード
附属施設レストラン
収容人員
交通案内JR小海駅から車で15分、上信越自動車道佐久ICから車で50分
駐車場100台

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る