一茶ゆかりの里「一茶館」 イッサユカリノサトイッサカン

前のページへ戻る

歴史博物館 1996開館

一茶の三大作品のひとつ『父の終焉日記』の原本や対幅軸などの貴重な遺墨を常設展示しており、一茶の真筆数は日本一の博物館である。また、高山村における一茶の俳諧活動を俳句とともに紹介。展示のほかに影像小劇場やアニメーションなどにより一茶の生涯や人間性に楽しく触れることができる。

八十二文化財団の提携文化施設
割引内容: 団体割引料金
※八十二文化財団友の会会員の方は上記の割引が受けられます。
[八十二文化財団「友の会」入会のご案内]

上高井郡高山村高井5161-1地図
TEL.026-248-1389
http://kobayashi-issa.jp/

開館時間9:00~17:00(入館は16:30まで)
入館料一般(高校生以上)500円、中学生以下無料、20人以上団体割引あり
休館日月曜日(祝日の場合は翌日)、祝日の翌日、年末年始(12月26日~1月5日)
主な収蔵品一茶逗留の離れ家、句碑、「父の終焉日記」原本、自撰自筆句集「浅黄空」原本、「俳諧寺抄録」原本、絹本対幅「苦の娑婆や・庭の蝶」、付木書7枚、軸、短冊、扇面ほか
附属施設一茶逗留の離れ家、句碑庭園
収容人員
交通案内長野電鉄須坂駅から車で10分、上信越自動車道須坂長野東IC・信州中野ICから車で15分
駐車場普通20台・大型3台(無料)

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る