下諏訪町立今井邦子文学館(中山道茶屋「松屋」) シモスワチョウリツイマイクニコブンガクカン ナカセンドウチャヤ マツヤ

前のページへ戻る

文学館 1995開館

島木赤彦の弟子で、女性だけの短歌結社「明日香社」を主宰したアララギ派歌人今井邦子の足跡を展示している。建物は邦子の実家で、江戸時代に茶屋を営んでいたところ。当時の特徴をできる限り再現している。1階のおもてなし施設では休憩やお茶を飲むことができる。

八十二文化財団の提携文化施設
[八十二文化財団「友の会」入会のご案内]

諏訪郡下諏訪町湯田町3364地図
TEL.0266-28-9229
http://www.town.shimosuwa.lg.jp/navi/kyouiku/hakubutsu/index.html/

開館時間9:00~17:00(入館は16:30まで)
入館料無料
休館日月曜日(祝日の場合は翌日)、祝日の翌日、年末年始(12月28日~1月4日)
主な収蔵品自筆歌、日記帳、自筆原稿、赤彦からの書簡、愛用品(着物、腕時計、硯ほか)
附属施設
収容人員
交通案内JR下諏訪駅から徒歩15分、長野自動車道岡谷ICから車で15分
駐車場

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る