市立大町山岳博物館 シリツオオマチサンガクハクブツカン

前のページへ戻る

総合博物館 1951開館

「北アルプスの自然と人」をテーマに、北アルプス後立山連峰を中心とした山岳の自然や歴史について紹介。「山と生きもの」のコーナーではニホンカモシカやニホンライチョウの生活史などを豊富な標本により解説し、「山の成り立ち」のコーナーでは当地域の地質の特徴であるフォッサマグナ、北アルプスの成り立ちについて化石など実物に触れながら学ぶことができる。また「山と人」のコーナーでは、北安曇地域の人々が山とどのような関わりを持ちながら暮らしてきたのか、様々な民俗資料や登山資料などを見ることができる。併設の附属園ではニホンカモシカや高山植物のコマクサなど間近に見ることができる。

八十二文化財団の提携文化施設
割引内容: 団体割引料金
※八十二文化財団友の会会員の方は上記の割引が受けられます。
[八十二文化財団「友の会」入会のご案内]

大町市大町8056-1地図
TEL.0261-22-0211
http://www.omachi-sanpaku.com

開館時間9:00~17:00(入館は16:30まで)
入館料一般400円、高校生300円、小・中学生200円、30人以上団体割引あり(一般350円、高校生250円、小・中学生150円)
休館日月曜日(祝日の場合は開館)、祝日の翌日、年末年始、7~8月は無休
主な収蔵品自然科学関連の資料(植物標本、哺乳類剥製・骨格標本、鳥類剥製標本、昆虫標本、岩石・化石類標本など)、人文科学関連の資料(山岳資料、山岳図書資料、民俗資料、美術資料、歴史資料など)合計約64,000点
附属施設付属園(ニホンカモシカや、ケガや病気で保護されたタヌキ・キツネなどの野生動物を飼育)、山岳図書資料館(山岳に関する図書などの資料を収集・保管)
収容人員約200人
交通案内JR大糸線信濃大町駅から車で5分、長野自動車道安曇野ICから車で40分
駐車場普通30台、大型5台(無料)

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る