松本市はかり資料館 マツモトシハカリシリョウカン

前のページへ戻る

歴史博物館 1989開館

松本市はかり資料館の前身は、1902年(明治35)から1986年(昭和61)まで営業を続けた竹内度量衝店です。資料と建物を松本市が譲り受け、はかりの資料館として1989年(平成元)に開館しました。「測る」「計る」「量る」道具と、その関連資料約1,300点を収蔵しています。

八十二文化財団の提携文化施設
割引内容: 団体割引料金
※八十二文化財団友の会会員の方は上記の割引が受けられます。
[八十二文化財団「友の会」入会のご案内]

松本市中央3-4-21地図
TEL.0263-36-1191
http://www.matsu-haku.com./maruhaku/index.html

開館時間9:00~17:00(入館は16:30まで)
入館料一般(高校生以上)200円、中学生以下無料、20人以上団体割引あり(一般150円)
休館日月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始(12月29日~1月3日)
主な収蔵品はかり資料(テミスの像、上皿杆秤、木製棒はかり、雌雄選別器、両替天秤、ロバーバル機構、ローマはかり他)
附属施設旧三松屋蔵座敷
収容人員
交通案内JR松本駅から徒歩10分、JR松本駅から松本周遊バス「タウンスニーカー」東コース「はかり資料館」下車すぐ、長野自動車道松本ICから車で15分
駐車場無(最寄りの市営駐車場等利用、有料)

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る