塩の道ちょうじや・流鏑馬会館 シオノミチチョウジヤ ヤブサメカイカン

前のページへ戻る

歴史博物館 その他 2013開館

庄屋であり塩問屋を営んでいた平林家。母屋は明治23年建築で見事な梁組や囲炉裏・帳場などから当時の生活がうかがえる。また、千国街道塩の道に関する資料も展示。江戸から明治の頃の蔵群もあり、なかでも塩蔵は大変貴重。母屋と蔵群は平成29年10月国登録有形文化財に登録。併設の流鏑馬会館では、大町の夏祭りの様子や子ども流鏑馬を紹介。

八十二文化財団の提携文化施設
割引内容: 団体割引料金
※八十二文化財団友の会会員の方は上記の割引が受けられます。
[八十二文化財団「友の会」入会のご案内]

大町市八日町2572地図
TEL.0261-22-4018
http://www.alps.or.jp/choujiya

開館時間9:00~17:00(5~10月、入館は16:30まで)、9:00~16:30(11月、3・4月、入館は16:00まで)、9:00~16:00(12~2月、入館は15:30まで)
入館料一般(高校生以上)500円、小・中学生250円、20人以上団体割引あり(一般450円、小・中学生200円)
休館日第3、4水曜日(5~10月)、水曜日(11~4月)、年末年始
主な収蔵品平林家の江戸から明治初期の漆器類、歩荷・牛方が使った道具・装具、街道の資料、七夕人形・押絵雛、夏祭りの流鏑馬と山車の衣装・写真等
附属施設
収容人員
交通案内JR信濃大町駅から徒歩6分、長野自動車道安曇野ICから車で30分
駐車場普通7台・大型4台(無料)

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る