スペース82館内のご案内

スペース82は長野県唯一の金融資料館。八十二銀行の歴史や、日本と世界のお金の歴史を常設展示しています。お気軽にお立ち寄りください。

館内のレイアウト



スペース82 展示のお知らせ

「一茶の見た信州 ふるさとの情景」―北信濃の一茶ゆかりの句碑―」展

 スペース82では、信濃町出身の俳人小林一茶のパネル展を行っています。
柏原村(現信濃町)に生まれた小林一茶は、15歳で江戸に奉公に出て、北は東北象潟から南は九州阿蘇まで俳諧行脚を経たのち、50歳で故郷に帰郷し生涯を全うしました。広く日本全国を歩いた一茶は訪れた土地で多くの句を詠んでいます。
本展では、「一茶の生涯(年表)」と北信濃に建てられた句碑から、「一茶が見たふるさと信濃の情景」をたどります。また、一茶ゆかりの地をめぐる現地調査の一端を一茶ゆかりの地の写真と一緒にご紹介します。





▲ページの先頭に戻る