長野県内の文化に関する情報の収集・蓄積

長野県内の郷土資料の所在調査および文化情報検索システムの構築・公開

1.長野県内の郷土資料(郷土文献、文化財)の所在調査をおこない、文化情報検索システムを構築(1987年)。コンピュータによる「文化情報システム」としてライブラリー82で公開。

2.新文化情報検索システム(郷土文献・文化財の情報検索サービス)を構築(1993年)。ライブラリー82に公開用端末を設置(1993年~2006年)。

3.ホームページ「長野カルチャープラザ」のなかで、「長野県の文化財」「信州の文化施設」「ライブラリー82蔵書」の検索システムにより、情報公開(1998年~)。

4.調査・蓄積したデータをもとに資料目録等を作成。
・『長野県の文化財-長野県文化財総合目録-』(1988年1月発行)
・『改定版長野県の文化財-長野県文化財総合目録-』(2000年3月発行)
『長野県の文化財(平成16年3月31日現在)-長野県文化財総合目録-』(2005年6月発行)
・『長野県郷土資料総合目録(上・下・索引)』(1991年10月発行)
・『信州のミュージアムマップ-美術館・博物館・図書館-』(1996年12月発行)
・『信州のミュージアムマップ-美術館・博物館・図書館2001-』(2000年12月発行)

▲ページの先頭に戻る