日本の貨幣の歴史

戦時中、戦後の通貨

昭和17(1942)年の日本銀行法制定により、日本銀行は兌換義務がなくなり、日本銀行券から兌換の文字が消えました。これによって日本は金本位制から管理通貨制度へ移行しました。管理通貨制度とは、正貨(金等)を準備して紙幣の額面価値を保証しなくても、最適と思われる通貨量をきめて、通貨量を管理・調整できる制度で、今日も政府・日銀によっておこなわれています。

戦時体制下の昭和13(1938)年には、通貨需要の増大に対処するため「臨時通貨法」が制定され、金・銀・銅以外の新しい素材の金属によって補助貨幣が発行できるようになりました。
昭和21(1946)年、わが国は戦後激しいインフレに見舞われたため、「新円切り替え」がおこなわれ、新しい紙幣が出回るまでの間、応急処置として旧札に「証紙」を貼って通用させました。
昭和25(1950)年には新しく千円札が発行され、以降紙質のよい、多色刷りの紙幣がつくられるようになりました。
今日ではクレジットカードの普及や電子マネーの発達などによって、貨幣も新しい時代を迎えています。

日本銀行の設立  記念貨幣

▲ページの先頭に戻る