日本の貨幣の歴史

日本銀行の設立

明治10(1877)年の西南戦争の勃発に伴い、戦費調達のため政府紙幣や国立銀行紙幣が増発されたことから、激しいインフレが発生しました。こうした状況は厳しい財政緊縮と紙幣の回収整理により収束されましたが、その過程で、兌換銀行券の一元的な発行によって紙幣の乱発を回避し、通貨価値の安定をはかることの必要性が認識され、明治15(1882)年、中央銀行としての日本銀行が設立されました。日本銀行券は、明治18(1885)年に銀貨と引換えのできる兌換銀券として、はじめて発行されました。国立銀行紙幣と政府紙幣は明治32(1899)年に通用停止となり、わが国の紙幣は日本銀行券に統一されました。

明治維新と通貨制度  戦時中、戦後の通貨

▲ページの先頭に戻る