ウインドギャラリー

八十二別館ビル 南側ウインドーで、写真展を開催しています。毎年「テーマ」を決め、4月と10月に展示替えとなります。

「信州・銭湯紀行」(①~④:4月~9月、⑤~⑧:10月~3月 展示)

長く庶民の日常生活を支えてきた銭湯には、単なる入浴施設というだけでなく、地域住民の交流の場となることで、まさに心身ともに疲れを癒すという役割がありました。
戦後、内風呂の普及とともにその数は減少してきましたが、長い歴史を持つ銭湯には、建物の佇まいや独特の内装などに、人々の生活が染み渡ったような、深い郷愁と風情が感じられます。その味わいは、多くの人々が共有できるものであると同時に、施設が異なれば二つと同じものがない、それぞれの地域によって育てられ、守られてきたものでもあります。本展では、これからも長く伝えていきたい、大切にしたい文化である銭湯の姿を取材し、写真パネルでご紹介してまいります。

アートディレクター/中沢定幸  
カメラマン/大井川茂  
コピーライター/渡邊美保

クリックで拡大します

①梅の湯 (長野市松代町鍛冶町940-2)

 看板も外壁もロッカーも、いたるところが緑色。おかみさん曰く、人が安らぐ色だから緑色にしている、とのこと。
365日、毎日営業しているけど、なかにはおしゃべり目当てで来ている常連さんもいるらしい。お湯も、イメージカラーの緑色もお客さんを癒すけど、一番みんなを癒しているのは、ご主人夫婦の気遣いかもしれないな。

クリックで拡大します

②柳の湯(上田市中央4-10-1)

 大きな窓から、磨りガラスを通して明るい光が差し込む。
風呂椅子の代わりに置いてあるのは、真四角に整えられた木のブロック。先代の頃から使ってた緑色の風呂椅子や体重計などは、もう修理屋さんが近くにいないらしい。
昔はたくさんあったであろう川沿いの柳も今は見られないけれど、このお湯だけは、ずっとそのままでいてほしいなぁ。

クリックで拡大します

③富士の湯(松本市本庄2-9-8)

 天井が高くて、開放感のあるお風呂。湯船の奥の窓からは、小さいながらも風情のある中庭が見える。創業時に瀬戸で焼いたパノラマ画面のタイル画で男湯と女湯を仕切っている。描かれているスイスの風景が、なんだか中庭の風景とつながっているみたいだ。そういえば、ここは松本。スイスの雄大な風景と日本の北アルプスを重ねながら、ゆっくり湯船に浸かるとしよう。

クリックで拡大します

④平湯(諏訪市小和田17)

 組合加入者しか入れない温泉は、地元の人たちに愛され、支えられてきたお湯だ。その昔、隣の「上湯」が武士専用だったのに対して、こちらは平民専用の「平湯」とされたと言う。いやぁ、身分なんてどうでもいいから、みんなで一緒に温まってこの温泉を守っていきましょう。湯船に入って、このレトロな木造建築の梁を眺めていると自然とそんな気持ちになるのだ。

 

 

▲ページの先頭に戻る