-黙想の画家- 河野文夫展

展覧会の詳細

展覧会名-黙想の画家- 河野文夫展
会期1998年10月17日(土)~11月8日(日) ※会期中無休
場所長野市岡田178-13 八十二別館1階 ギャラリー82
概要 明治41年(1908)佐賀県佐賀市に生まれ、広島高等師範学校を卒業後、松本第二中学校へ美術教師として赴任したことが縁で、長野県下の美術教育に長年にわたり尽力した洋画家・河野文夫。
 多くのスケッチブックに絵画のモチーフを着実に蓄積した。昭和43年(1968)飯山南高等学校校長を最後に教職を離れる。その後も研鑚をつみ、終生絵 筆を手放すことなく独創的な作品を描きつづけた。平成3年(1991)野沢温泉村で生涯を終えた。

真湯の栗ノ木

1952年
F15

街灯のある風景

1958年
F10

珠洲の岬 梁塵秘抄

1983年
和紙

▲ページの先頭に戻る