-孤高の画家- 松本 昇 展

展覧会の詳細

展覧会名-孤高の画家- 松本 昇 展
会期1996年10月12日(土)~11月4日(月) ※会期中無休
場所長野市岡田178-13 八十二別館1階 ギャラリー82
概要福岡県大牟田市に生まれ、長野県の図画教師として信州教育に貢献した松本昇(1894-1965)の未発表の作品を中心に油彩画54点を展示。没後初めての回顧展にあたります。

 松本は木曽滞在中に関東大震災に遭遇し、国文学者西尾實との出会いを機縁に、奈良井小学校へ図画教師として赴任。以降、信州での教師生活に入った。
 美よりも真実の表現、自然そのものの表現を基盤として、対象にあくまでも忠実な姿勢を終生貫いた松本昇。単なる自然描写ではなく、人物や風景への深い思いが込められ、あふれんばかりの豊かな色彩にこの思いが滲み出ている。

木曽の子ども

油彩
木曽に滞在した大正時代に描かれた、個性豊かな作品のひとつ。対象に忠実に接した姿勢をうかがわせる。

母子像

1926年
油彩
妻子を描いた母子像。みずみずしい彩色に生命の喜びを素直にうたいあげた秀作。

ピカソの前の肖像

1964年
油彩
最も思い入れが深い絶作。この作品を残して半年後、不治の病で逝去した。

▲ページの先頭に戻る