-シュールレアリズムの先駆者- 矢﨑博信展

展覧会の詳細

展覧会名-シュールレアリズムの先駆者- 矢﨑博信展
会期1994年10月15日(土)~11月6日(日) ※会期中無休
場所長野市岡田178-13 八十二別館1階 ギャラリー82
概要茅野市出身で29歳の若さで戦死したシュールレアリズム(超現実主義)の先駆者・矢﨑博信の油彩画47点を展示しました。

 夭折の画家矢﨑博信は大正3年(1914)茅野市に生まれ、帝国美術学校(現武蔵野美術大学)に学んだ。小山田二郎らと前衛美術グループ「L'anima(アニマ)」を結成し、前衛美術運動を展開。フォーヴ調から超現実主義に向かい、さらに独特な幻想的なシュールの作風へと傾斜した。晩年の作品を象徴する形容は"はかなさ、甘美、静謐"。評論活動にも邁進し、文学的世界と絵画の瞑合を実験したが、夢破れた。
惜しまれるその短い生涯のなかで、矢﨑がどんな思いで描き続けたのか、何を夢見ていたのか回顧した。

街頭の殺意

1937年
油彩
「ルポルタージュ絵画」の先駆として評価された矢﨑。現実の矛盾や不合理を絵画に込め、政治思想をも汲み取れる作品。モンタージュ風の画面構成。

高原の幻想

1938年
油彩
第8回独立美術協会出展作品
「夜はそこに浮かぶ花や鳥ではない、花を咲かせ鳥を飛ばせる力として理解されよう。人間は思い出の中に怨恨の歌を求めて夜の世界に下りていった、花と鳥とを我々に送る力はこの夜の深さの終わりを満たす怨恨性ではないか。」(「動向」の東京報告絵画展について〈アトリエ 14-6・昭和12年〉)

幻想

制作年不明
油彩
サルバドール・ダリの「記憶の持続性」に描かれた“時間の柔軟性”を彷彿させる作品。

▲ページの先頭に戻る