神津港人展

展覧会の詳細

展覧会名神津港人展
会期1993年10月16日(土)~11月3日(水・祝) ※会期中無休
場所長野市岡田178-13 八十二別館1階 ギャラリー82
概要70年におよぶ画業を穏健な写実主義で押し通した画家・神津港人の作品52点を展示しました。

 明治22年(1889)北佐久郡志賀村(現佐久市)に生まれる。東京美術学校西洋画科卒業後、光風会展、文展、帝展で活躍。1920年に渡英。ロイヤル・アカデミーで学び、翌年パリのアカデミー・ジュリアンで学んだ。帰国後は帝展に反旗を翻した在野美術団体構造社に参画し、同会を盛り立てた。風景、人物、静物とモチーフは幅広く、確かな写実と温暖な色調を基にした滋味豊かな誠実感あふれる画業を振り返る。

豊穣

1929年
油彩

平静

1963年
油彩

冬景 井之頭公園

1970年
油彩

▲ページの先頭に戻る