関四郎五郎展

展覧会の詳細

展覧会名関四郎五郎展
会期1993年5月29日(土)~6月20日(日) ※会期中無休
場所長野市岡田178-13 八十二別館1階 ギャラリー82
概要松本市に生まれ、岸田劉生の絵に接して画家を志した関四郎五郎の作品を展示しました。

「同じ場所を同じ構図で描いても、四季の変化や、天候、時間によって自然の美しさは変わる。だから、同じ場所で何枚描いても、いつも新しい気持ちで取り組むことができる。」
 アンフォルメルや抽象表現主義で画壇が染まるなか、時流にこびることなく、自己の画業を追求した。故郷の自然を重厚な筆裁き、躍動する太い描線と熱気をおびた色彩で飽きることなく描きつづけ、その作品のすべてにわたり確かな量感となって迫ってくる。地元で美術研究会を主宰し、長野県下の美術界に寄与するところが多かった。

ダリヤ

1932年
油彩

アルプスの空

1969年
油彩
画面に空を広くとって、雲を主題とした作品が多くなる。雲の荒々しいほどの動きに関の制作意欲が迫ってくる。

上高地樹間の穂高

1970年
油彩
上高地には毎年、長期滞在で写生していた。木々の間からそそり立つ穂高岳。初夏のさわやかな日差しにきらめく緑。すがすがしさの漂う作品である。

▲ページの先頭に戻る