中村直人展

展覧会の詳細

展覧会名中村直人展
会期1992年10月17日(土)~11月8日(日) ※会期中無休
場所長野市岡田178-13 八十二別館1階 ギャラリー82
概要洋画家でも日本画家でも木彫家でもない、世界が共有できる美術作品を創造する芸術家・中村直人の絵画39点と彫刻10点を展示しました。

 明治38年(1905)小県郡神川村(現上田市)に生まれる。
 木彫家として確たる地位を築きながら渡仏。戦後社会・戦後画壇の因習的な日本から飛翔した。画家に転身して帰国。彫刻ではシャープな造形性で力感と優美さを表現し、絵画では人物・風景画を通して哀愁を描写しつづけた。一度描いた麻紙をいったん、もみくちゃにして、それをのばしてから、グワッシュで描き加える。もまれてできた皺の絵の具の剥落とにじみで、陰影に富んだ微妙な色彩の画面を作り出している。

赤いセーターの女

1970年頃
グワッシュ

緑蔭に憩う

1977年
グワッシュ
描かれた裸婦はボリューム感にあふれ、構築的な固まりで迫ってくる。しかし、なぜか不安と哀愁がただよう。

王と王妃

1977年
ブロンズ

▲ページの先頭に戻る