高橋貞一郎展

展覧会の詳細

展覧会名高橋貞一郎展
会期1992年5月30日(土)~6月21日(日) ※会期中無休
場所長野市岡田178-13 八十二別館1階 ギャラリー82
概要岡谷市に生まれた画家・高橋貞一郎の作品57点を展示しました。

 明治30年(1897)岡谷市生まれ。長野師範学校に学び、郷里の小学校に勤務する傍ら、油絵を制作した。
 25歳のとき岸田劉生に師事し、写実画を学ぶ。初期の作品には岸田の影響の深さが伺える。
 永年の夢であった渡仏を40歳のとき果たし、パリ滞在中は制作に没頭した。
 戦後は一水会会員として迎えられ、後進の指導に尽力した。寡黙でまじめ。ひたすら描く姿勢が繁栄するまじめな作品である。書や音楽を愛で、幅広い感性で端正な画面構成を追求した。

泰之と瀏爾

1930年
油彩
師・劉生の画風が感じられる作品。第8回春陽展に入選。

裸婦B

1938年
油彩
キュヴィズムの構成を念頭において、形の簡明化の試作がなされている。

諏訪湖風景

1954年
油彩
諏訪湖周辺の自然はかけがえのないモチーフ。晩年の代表作。確かな画面構成と単純化された色彩が高い調和を生んだ作品。

▲ページの先頭に戻る