-長野県の画聖 生誕100年記念- 中川紀元展

展覧会の詳細

展覧会名-長野県の画聖 生誕100年記念- 中川紀元展
会期1989年10月12日(木)~11月3日(金・祝) ※会期中無休
場所長野市岡田178-13 八十二別館1階 ギャラリー82
概要長野県の画聖・中川紀元の長野県内に所蔵される数多くの作品の中から54点を展示。1992年開催の「生誕百年展」(東京都渋谷区立松涛美術館)の長野県内版として開催しました。
 中川紀元は巨匠マティスに師事、新潮流フォービズムを日本に紹介するとともに、生涯をかけて東洋と西洋のアートの求心点を独り探しつづけた。
 大正デモクラシー華やかなりし頃に、前衛運動にも関心を寄せたかとおもうと、晩年には水墨画に独自の画風を確立するほか、一面豊かな文筆を駆使するなど、その多才ぶりにはみるべきものが多い。
 反面、恵まれた才能をもちながら、生来のこだわりない人生観からして、洒脱に飄逸に晩年を迎え、未完のままで生涯を終える。

「白い襟の婦人」

1920年
油彩
原色を大胆に配列し、単純化と平面化を試みながら激しい個性的表現を追求するフォーヴィズム。1919年フランスにわたりマティスに師事し、フォーヴの洗礼をうけ1921年に帰国した。

「関紫蘭女士像」

1930年
油彩
関紫蘭は中国広東の豪族の娘。東京の文化学院洋画部で中川紀元に学んだ。悠揚とした豊かな性格描写。

「野尻湖落暉」

1959年
油彩
大胆奔放な画面を見せるこの作品は作者67歳のときのもの。フォーヴ精神を生涯もちつづけた作者。自己内面の感情をほとばしらせた作品。

▲ページの先頭に戻る