催し

教養講座 一覧

催し名 夏目漱石 生誕150年 ―漱石のロンドン、漱石の信州―(長野会場)
日時2017年9月11日(月)、10月30日(月)、11月20日(月) 午後1時30分~3時30分[全3回]
会場長野バスターミナル会館 4階 国際ホール(長野市岡田178-2)
講師

堀井正子(近代文学研究家・SBCラジオ「武田徹のつれづれ散歩道」レギュラー)

内容

第1回 「ロンドンの漱石(1) 大学に行かない留学生
        四人への手紙、アグニス、クレイグ先生、カーライル博物館」
第2回 「ロンドンの漱石(2) 太郎坊運座、自転車日記、ピトロクリの谷」
第3回 「信州の漱石 先祖のルーツ、佐久間象山、一度は講演・一度は休暇」

定員100名
概要

ちょっと変わった取り合わせですが、ロンドン時代の漱石と、信州を訪れた漱石と、その二つの漱石にお付き合いいただきたいと思います。ロンドンは選ばれて国費で留学したのですが、漱石はイギリスの大学に通わない決断をしました。どうしてか。また「夏目狂せり」の電報の真実は。そして漱石と信州の、意外に深い関わりをひもときたいと思います。

※同一内容の講義を、諏訪市でも開催いたします。

受講料会員1,500円、一般3,000円 (3回分)
催しコード15
お申し込み
催し名 古文書解読講座 初級編(長野会場)
日時9月26日(火)、10月17日(火)、11月14日(火)、12月12日(火) 午後1時30分~3時30分 [全4回]
会場八十二別館 4階 AV研修室(長野市岡田178-13)
講師

尾崎行也(元長野県立歴史館専門員)

定員80名
概要

 江戸時代は文書の時代ともいわれ、地域に多くの古文書が残されています。しかし、近時の社会変動で、それらの古文書が失われ、私たちの過去が見えなくなってきています。古文書解読を通じて、自分たちの歴史保存をすすめましょう。

 今年の講座では、「初級~中級」レベルを目標に、さまざまな近世文書の解読を試みたいと思います。

 

受講料会員2,000円、一般3,500円
催しコード16
お申し込み
催し名 【残席僅か】教養セミナー 水の恵み④ 御影用水
日時2017年12月7日(木) 午後1時30分~3時30分(午後1時開場)
会場佐久市交流センター(佐久市佐久平駅南4-1)
講師

宮地國男(特定非営利活動法人佐久地方に流れる用水の会理事長)

演題

御影用水

定員50名
概要

 『地域文化』連動講座、教養セミナー「水の恵み」の最終回となる、第四弾を佐久市で開催します。
 今回は佐久地方に流れる用水を研究し、豊かな自然環境の保全や住みよいまちづくりの推進に寄与する活動に取り組む宮地國男さんを講師にお迎えします。「御影用水」を切り口にし、水と人との関わりや人々の生活を考える機会にしたいと思います。

受講料無料 ※聴講券をお送りします。下のお申し込みボタンからお申し込みください。
催しコード18
お申し込み

▲ページの先頭に戻る