紙本墨画淡彩隻履達磨図 シホンボクガタンサイセキリダルマズ 1幅

前のページへ戻る

県宝

指定区分・種別県-指定-県宝
内容絵画
指定年月日平成 22/03/25
時代区分江戸時代
年代江戸時代
作者
所在地下伊那郡下條村陽皐4616(龍嶽寺)
寸法・材質・形状縦190.0cm、横108.2cm、軸装
概要解説白隠70代の作例は数多いが、本図は気力充実した筆致と大きさの点でその筆頭格と言えるものである。白隠の遺した多くの書画の中でも五指に入る優品といって過言ではない。73歳の宝暦7年(1757)に巡錫した南信地方には、龍翔寺や西岸寺などの禅寺や個人宅に相当数の白隠画が伝わっているが、瑞応寺(松川町)に伝わる達磨・臨済・雲門像と双璧をなす作品である。
交通案内JR飯田線天竜峡駅から車で20分

※ご注意ください:すべての文化財は見学が可能とは限りません。見学の際は、事前に関連する教育委員会へお問い合わせください。

写真をクリックすると拡大画像がご覧いただけます

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る