見性寺のタラヨウ ケンショウジノタラヨウ 1本

前のページへ戻る

天然記念物

指定区分・種別市-指定-天然記念物
内容植物
指定年月日昭和 62/01/27
時代区分時代区分なし
年代 
作者 
所在地千曲市新山625
寸法・材質・形状幹囲1.95m
概要解説見性寺の本堂前にある。樹勢もよく樹姿も美しい。暖地の山地に自生するモチノキ科の常緑高木。葉を傷つけると傷跡が残るので、葉に字を書くことができ、昔万葉の歌人がタラヨウの葉に恋文を書き送ったことから葉書の木とよばれ、ハガキの語源になったという。
交通案内しなの鉄道戸倉駅から車で15分

※ご注意ください:すべての文化財は見学が可能とは限りません。見学の際は、事前に関連する教育委員会へお問い合わせください。

写真をクリックすると拡大画像がご覧いただけます

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る