安曇平のお船祭り アヅミダイラノオフネマツリ 

前のページへ戻る

選択無形民俗文化財

指定区分・種別国-選択-選択無形民俗文化財
内容年中行事(無形民俗)
指定年月日平成 29/03/03
時代区分時代区分なし
年代
作者
所在地安曇野市、松本市、北安曇郡池田町
寸法・材質・形状
概要解説安曇平でのお船祭りは、各地区においての祭礼として行われている。お船は軍記物などを題材とする作り物を配したいわゆる曳山(ひきやま)で、宵祭りで完成したお船を披露し、翌日の本祭りで巡行させるといった例が多い。巡行は各町内から所定の経路を通って神社へと向かい、到着したところで「オフリョウをわたす」と称し、境内を巡回する。オフリョウは、御布令、御布領、御風流などと当て字される。地区によっては、この周巡の際に2基のお船の前後をぶつけ合う。これは男女和合の意で、子孫繁栄を願うものなどという。こうしてオフリョウが終わると、お船は各町内へと戻って直会(なおらい)になり、祭りは終了する。
交通案内

※ご注意ください:すべての文化財は見学が可能とは限りません。見学の際は、事前に関連する教育委員会へお問い合わせください。

写真をクリックすると拡大画像がご覧いただけます

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る