阿弥陀如来像 アミダニョライゾウ 1幅

前のページへ戻る

有形文化財

指定区分・種別市-指定-有形文化財
内容絵画
指定年月日平成 28/01/20
時代区分鎌倉時代
年代鎌倉時代(13-14世紀)
作者
所在地駒ヶ根市赤穂29-1(光前寺)
寸法・材質・形状縦123.0cm、横42.6cm、絹本著色、一幅一鋪                     
概要解説本図は斜め構図で、画面右上方から阿弥陀如来が来迎するさまを描く。阿弥陀如来はいわゆる来迎印を結び、雲上の踏割蓮華に乗って往生者のもとへ来迎せんとする場面である。頭光から発せられる光は十九条で、肉身部は金泥、着衣には細やかな載金文様を施す皆金色身で表される。制作年代は、類例と比較して中世に遡るものであり、13-14世紀頃に制作されたものと考えられる。
交通案内JR飯田線駒ヶ根駅からバスで20分、中央自動車道駒ヶ根ICから車で5分

※ご注意ください:すべての文化財は見学が可能とは限りません。見学の際は、事前に関連する教育委員会へお問い合わせください。

写真をクリックすると拡大画像がご覧いただけます

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る