神城断層 カミシロダンソウ 

前のページへ戻る

天然記念物

指定区分・種別村-指定-天然記念物
内容地質・鉱物
指定年月日平成 27/03/05
時代区分時代区分なし
年代
作者
所在地北安曇郡白馬村北城森上
寸法・材質・形状地震断層
概要解説神城断層は、平成26年(2014)11月22日発生した「長野県神城断層地震」の震源となった活断層である。糸魚川・静岡構造線を構成する断層であり、距離約10キロメートルに渡り撓曲、断層が地表に現れた。指定は、白馬村北城森上地籍に現れた撓曲箇所であり、東側が西側に対して相対的に隆起しており、形態も明瞭である。
交通案内JR大糸線信濃森上駅から徒歩10分

※ご注意ください:すべての文化財は見学が可能とは限りません。見学の際は、事前に関連する教育委員会へお問い合わせください。

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る