一本杉(夫婦杉) イッポンスギ メオトスギ 1本

前のページへ戻る

天然記念物

指定区分・種別町-指定-天然記念物
内容植物
指定年月日平成 27/03/09
時代区分時代区分なし
年代
作者
所在地下伊那郡高森町上市田78-4
寸法・材質・形状幹囲6.0m、樹高25.0m
概要解説松岡氏が最初に居を構えたといわれる「古城」と呼ばれる場所にある。地元では、一本杉とも夫婦杉とも呼ばれている。古くから平地に高くそびえる姿は、遥か遠方からもそれとわかるので、座光寺の如来寺参りの人々の目印として、誰知らぬ人のない名木であったといわれる。樹齢等についての記録はなく、1,000年や300年など統一されていなかった。このほど専門家に年代測定を依頼したところ、樹齢およそ600年と推定された。現況は、樹勢は良く、枝張りも概ね四方に均一であるが、幹は双幹となり、主幹の南側に添立となっている部分は、主幹が植えられて後、相当の年月を経てからの下種によるものと考えられる。
交通案内JR飯田線市田駅から徒歩40分・車で10分、中央自動車道松川ICから車で20分

※ご注意ください:すべての文化財は見学が可能とは限りません。見学の際は、事前に関連する教育委員会へお問い合わせください。

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る