両羽神社神像 モロハジンジャシンゾウ 5躯

前のページへ戻る

有形文化財

指定区分・種別市-指定-有形文化財
内容彫刻
指定年月日平成 24/10/17
時代区分鎌倉時代
年代鎌倉-室町時代
作者
所在地東御市下之城宮屋敷169-1
寸法・材質・形状
概要解説本殿の最上段に安置されている3躯のうちの1躯の女像の底部に鎌倉時代(1311-1312)か室町時代(1431)の年号の墨書が書かれている。本殿2段目にある2躯の神像は善渕王(よしぶちおう)あるいは貞保親王(さだやすしんのう)、別の1躯が船代像(ふなしろぞう)と言い伝えられている。5躯とも同時期に作られたと考えられる。
交通案内しなの鉄道田中・滋野駅から車で15分

※ご注意ください:すべての文化財は見学が可能とは限りません。見学の際は、事前に関連する教育委員会へお問い合わせください。

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る