河野仙右衛門の和算資料 コウノセンエモンノワサンシリョウ 44点

前のページへ戻る

有形文化財

指定区分・種別村-指定-有形文化財
内容歴史資料
指定年月日平成 26/03/18
時代区分江戸時代
年代1865年(慶応元)-明治時代
作者
所在地下高井郡野沢温泉村豊郷9592-イ
寸法・材質・形状
概要解説すでに野沢温泉村有形文化財に指定されている湯沢神社の算額を奉納したのが、河野仙右衛門で、算額奉納に至る経過がわかる大変貴重な資料。湯沢神社に算額を奉納したときの額面の下書きである明治17年(1884)の「当村本社奉納控」、明治7年(1874)8月の「宮城流町見七術」、「最上流」と朱色の印鑑が押されている写本書籍などがあり、いつどのように、だれからどんな教えを受けたか、自身でどのような学びをしたかが解明できるものである。
交通案内JR飯山線戸狩野沢温泉駅から車で10分

※ご注意ください:すべての文化財は見学が可能とは限りません。見学の際は、事前に関連する教育委員会へお問い合わせください。

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る