男城跡(愛宕山) オジョウアト アタゴヤマ 

前のページへ戻る

史跡

指定区分・種別村-指定-史跡
内容城跡
指定年月日平成 13/12/01
時代区分南北朝時代
年代南北朝時代
作者
所在地下伊那郡根羽村黒地
寸法・材質・形状
概要解説標高860メートル、比高280メートルと鉾のような峻峯にある。本丸は約200平方メートルで、これを環状にめぐる2段の帯曲輪が取り巻き、空堀が3ヶ所、竪堀は自然の地形を利用している。この城の起源は室町初期とも言われているが、確定はできない。
交通案内中央自動車道飯田山本ICから車で1時間

※ご注意ください:すべての文化財は見学が可能とは限りません。見学の際は、事前に関連する教育委員会へお問い合わせください。

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る