須坂基線東端点(一等三角点) スザカキセントウタンテン イットウサンカクテン 

前のページへ戻る

史跡

指定区分・種別村-指定-史跡
内容史跡その他
指定年月日平成 25/03/21
時代区分明治時代
年代1892年(明治25)
作者
所在地上高井郡高山村高井下原6305-4
寸法・材質・形状地上部(地表露出部分)-18cm角の石柱、高さ6cm
概要解説明治政府が近代測量の基準線として設けた「須坂基線」の基線端点で、基線東端の一等三角点である。「須坂基線」は国内14ヶ所の基線の1つとして、明治25年(1892)9月9日に全国で9番目に選定された。明治29年(1896)11月に、須坂市に設置された基線西端との2点間の距離が実測され、基線長3291.912メートル(現在の座標計算上では3291.903メートル)の結果を得る。この値が三角測量の一辺の基準となり、長野・群馬・岐阜・新潟・富山・石川・福井の5万分の1の地形図の作成に用いられた。近代測量技術による全国5万分の1地形図を整備した足跡の1つである。
交通案内JR長野駅から車で35分、上信越自動車道須坂長野東ICから車で15分

※ご注意ください:すべての文化財は見学が可能とは限りません。見学の際は、事前に関連する教育委員会へお問い合わせください。

写真をクリックすると拡大画像がご覧いただけます

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る