諏訪地域考古資料 スワチイキコウコシリョウ 59628点

前のページへ戻る

登録有形文化財

指定区分・種別国-登録-登録有形文化財
内容登録・考古資料
指定年月日平成 24/09/06
時代区分先土器時代
年代旧石器-縄文時代
作者
所在地諏訪市中洲神宮寺171-2(諏訪市博物館)
寸法・材質・形状
概要解説藤森栄一(1911~1973年)は、諏訪市出身の考古学者である。旧制諏訪中学校在学中に考古学に目覚め、卒業後上京し、森本六爾が主宰する東京考古学会に入会した。その後、杉原荘介や小林行雄らとともに東京考古学会の運営に加った。昭和21年(1946)に諏訪に帰り、諏訪考古学研究所を創設し、諏訪地域を中心に考古資料を蒐集した。これらの資料を蒐集する傍ら、当地における縄文文化の特質についての研究を深め、縄文農耕の存在を主唱するなど、わが国先史考古学の研究の進展に大きく貢献した。本件はその活動の過程で蒐集した一群の考古資料で、諏訪湖底曽根遺跡出土品など、旧石器時代から縄文時代を主体とする(一部、弥生・古墳時代以降の資料も含む)、貴重な考古資料多数から構成されている。諏訪市有形文化財に指定されている茶臼山遺跡出土品および八島遺跡出土石器群(総数276点)を除く考古資料の一括である。
交通案内JR中央東線上諏訪駅から車で20分、中央自動車道諏訪ICから車で10分

※ご注意ください:すべての文化財は見学が可能とは限りません。見学の際は、事前に関連する教育委員会へお問い合わせください。

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る