伊勢町祭り屋台 イセマチマツリヤタイ 1基

前のページへ戻る

有形文化財

指定区分・種別町-指定-有形文化財
内容歴史資料
指定年月日平成 23/12/20
時代区分江戸時代
年代1823年(文政6)
作者斎藤 吉三郎
所在地上高井郡小布施町小布施595(おぶせミュージアム・中島千波館)
寸法・材質・形状2階軒桁高さ4.290m 2階平面-縦3.206m、横1.607m 2階建、唐破風 2階縁下組物-牡丹彫刻 1・2階柱-白木、几帳面 2階天井-桐板、丸に龍の彫刻
概要解説柱や部材をはじめ彫刻もすべて白木で統一されていることから、小布施町にある7基の屋台の中で、建築様式としてはもっとも新しい屋台として知られている。彩色はないが、天井は桐、柱は欅、彫刻は樫木と、贅沢なまでに良材が使われ、繊細で優雅な彫刻が効果的に施されている。とくに天井の丸い龍の彫刻は見事。伊勢町では、この屋台で子どもが芝居を上演しながら、巡回したといわれている。
交通案内長野電鉄小布施駅から徒歩12分

※ご注意ください:すべての文化財は見学が可能とは限りません。見学の際は、事前に関連する教育委員会へお問い合わせください。

写真をクリックすると拡大画像がご覧いただけます

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る