稲沢石造寶筺印塔および陀羅尼墨書木柱 イナザワセキゾウホウキョウイントウオヨビダラニボクショモクチュウ 1基

前のページへ戻る

有形文化財

指定区分・種別村-指定-有形文化財
内容石造文化財
指定年月日平成 21/02/25
時代区分江戸時代
年代1708年(宝永5)
作者
所在地上高井郡高山村中山2467
寸法・材質・形状石塔-総高185cm、最大幅(蓮華座)45cm、最小幅(宝輪径)20cm 木柱-径12cm、長さ28.3cm
概要解説今から300年前(宝永5年)のものであり、宝筺印塔は長方形が一般的であるが、稲沢のものは円筒形の素朴な宝筺印塔である。その中に比較的鮮明な文字で「宝筺印塔陀羅尼経」を書写した円筒形の木柱が入れられている。中に残された経典が健在であるのは非常に珍しく、江戸時代の山村の信仰が知られる貴重な資料である。
交通案内長野電鉄須坂駅から車で15分、上信越自動車道須坂長野東ICから車で20分

※ご注意ください:すべての文化財は見学が可能とは限りません。見学の際は、事前に関連する教育委員会へお問い合わせください。

写真をクリックすると拡大画像がご覧いただけます

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る