小諸城銭蔵 コモロジョウゼニグラ 1棟

前のページへ戻る

有形文化財

指定区分・種別市-指定-有形文化財
内容城郭建築
指定年月日平成 22/01/15
時代区分江戸時代
年代1726年(享保11)
作者
所在地小諸市与良町2-3-3
寸法・材質・形状間口3間、奥行2間、木造2階建、瓦葺、切妻造
概要解説銭蔵は、江戸時代には小諸城内に設けられており、享保11年(1726年)、牧野二代藩主牧野康周(まきのやすちか)時代の建築である。明治5年(1872年)、他の建造物とともに入札払い下げとなり、与良に移築されている。平成14年(2002)に街なみ環境整備事業のため市が取得している。この土蔵の特色は、平入の入口を入ると、普通の板張りの床下に石室(いしむろ)があることで、この石室は4尺6寸5分(141cm)に3尺1寸2分(95cm)の矩形(くけい)で、深さは2尺6寸5分(80cm)あり、ふたは車付(くるまづき)の一枚の平らな石で、これをすべらせて引き開けるようになっている。昔は石室に千両箱を入れて置いたのだと言われている。小諸城の建造物の一つで当時を知る上で重要なものである。
交通案内しなの鉄道小諸駅から車で3分

※ご注意ください:すべての文化財は見学が可能とは限りません。見学の際は、事前に関連する教育委員会へお問い合わせください。

写真をクリックすると拡大画像がご覧いただけます

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る