太田垣外遺跡琥珀大珠 オオタガイトイセキコハクオオダマ 1個

前のページへ戻る

有形文化財

指定区分・種別町-指定-有形文化財
内容考古資料
指定年月日平成 16/07/07
時代区分縄文時代
年代
作者
所在地木曽郡南木曽町吾妻2190(南木曽町博物館)
寸法・材質・形状大きさ-縦5cm、横4.5cm、厚さ3cm
概要解説太田垣外遺跡は、縄文時代中後期を中心とする遺跡で、平成6年(1994)に発掘調査が行われ、住居址21軒をはじめとした多くの遺構のほか、多数の遺物が出土した。なかでも琥珀大珠は全国で6番目に大きなもので、琥珀の産地である諏訪地方からの搬入品と推察される。このことは、これほどの宝玉を所持する特別な祭祀者が太田垣外遺跡に存在したことを示すとともに、この遺跡が木曽南部の拠点集落であったことを裏付けるものである。
交通案内

※ご注意ください:すべての文化財は見学が可能とは限りません。見学の際は、事前に関連する教育委員会へお問い合わせください。

前のページへ戻る

▲ページの先頭に戻る